AGAの内服治療のメリット

専門機関で薄毛の解消が目指せる

思春期以降の男性に特有な薄毛・抜け毛の症状を、一般にAGAまたは男性型脱毛症といいます。
AGAは皮膚病など特定の原因がないにも関わらず主に頭頂部の毛髪や額が薄くなったり生え際が後退したりするのが特徴で、遺伝や生活習慣、ストレスなどさまざまな要因が関係していると言われています。
このAGAについては、以前は市販の育毛剤などを用いてそれぞれが自己流の改善を目指すほかはありませんでした。しかし現在では、発毛外来などの診療科を持つ医療機関で専門的な治療を受けられるようになっています。
医療機関におけるAGA治療では、医師の診断のもとにそれぞれの状態に合った治療法が選択されます。その中でも比較的ポピュラーなのが、内服治療です。

医療機関ならではのメリット

AGA治療の場合、医療機関ではまず目視による診断や遺伝子検査などを行い、その結果を踏まえて最適と思われる治療法が勧められます。この、専門家による診断が受けられるという点が、自己流の改善法と比べた場合のAGA治療の大きなメリットとなっています。 また、内服治療に用いられる薬剤は、国の承認を受けた正規の医薬品が基本となります。効果の現れ方には個人差がありますが、臨床試験等で一定の成果が出ているものを使用するため、市販の医薬部外品等より高い効果も期待できます。 さらに、定期的に通院することで薬の効き具合等を検証し、必要に応じて調剤を変更するなど臨機応変に対処してもらえるのも専門機関における内服治療のメリットの1つであると言えます。